• ホーム
  • ダイエットは医者の指導とストレス性のEDにレビトラ

ダイエットは医者の指導とストレス性のEDにレビトラ

カップを持っている男性

EDの主要因に肥満が挙げられます。
30代から40代にかけてEDの発症率が上がる、との指摘がありますが、まだまだその年代は老化によって勃起障害は起きません。
男性ホルモンの分泌が著しく鈍化するのは60代、70代以降だからです。
そのため、30代から40代頃にEDが起きたとすれば、まず肥満を疑うべきです。
BMI指数で太り過ぎと出れば、ダイエットの必要があります。
肥満体になりますと、血液の巡りが悪くなり、心臓疾患のリスクが上がります。
加えて、心臓から下半身まで十分な血液が供給され辛くなりますので、性的刺激を受けてもペニスの反応が鈍ります。
更に肥満体のままでは、セックス自体が辛くなります。
重たい体のままでは、女性を後方から突き上げる事が難しくなります。
セックス中、寝たきりの騎乗位のみのセックスしか出来ない身体になってしまう前に、医者の指導のもと、ダイエットに取り組みましょう。
今ではダイエット外来という専門のサービスがあり、医者から直接減量に関するアドバイスや指導が受けられます。
一方で肥満体ではないにも関わらず、ED症状を起こしている方は、体重ではなく心の問題が原因かもしれません。
過度なストレス状態が続けば、年齢や体重などに関係なく、ED症状が突発的に出現します。
その際は泌尿器科の医者に相談すべきです。
泌尿器科の医者に打ち明ければ、レビトラなどのED薬が処方されます。
レビトラは日本人でも飲める安全なED薬であり、バイアグラの改良版とも言われています。
バイアグラに見られた欠点がバージョンアップによって改善されており、レビトラなら毎日の暮らしに違和感なく追加出来るでしょう。
服用によって得られるメリットはバイアグラ同等がそれ以上とされ、
ペニスが性的刺激によってたちまち隆起し、安定した固さと安定力が得られます。

関連記事
人気記事一覧