• ホーム
  • バイエルが製造するレビトラと他のED治療薬との違い

バイエルが製造するレビトラと他のED治療薬との違い

元気な男性

レビトラとはEDを改善するための治療薬であり、世界で2番目に開発された飲み薬となります。
ドイツに本社を置くバイエル薬品が製造、販売する医薬品で、オレンジ色の錠剤がトレードマークとなっています。
バイエル薬品はその他にもアスピリンなどの様々な医薬品を取り扱っており、誰もが1度はお世話になったこともあるでしょう。
こうしたバイエル薬品から販売されているレビトラは、日本でも厚生労働省によって認可されており、泌尿器科や専門のクリニックでも処方され、3大ED治療薬のひとつとして使用されています。
現行のED治療薬はジェネリックなどを含めると数多く存在しますが、成分別に分けるとレビトラを含む3種類のみです。
レビトラはバルデナフィルを有効成分として含有しており、この成分によって勃起を自然に促すと共に、すぐに萎えないように維持する効果があります。
作用機序としてはPDE5阻害薬として3種類は同じものとなっていますが、服用から効果が発揮されるまでの時間や、持続時間などに違いが現れます。
バルデナフィルは水に溶けやすいという性質から、薬剤を飲んで体内に吸収されるまでに20分程度、10mgを服用すると4~5時間、20mgでは8~10時間は持続し、副作用も少ないという利点があります。
持続時間の違いに関しては3大ED治療薬の中で中間に位置することから、比較的に扱いやすいと言われています。
また、性行為直前になって慌てて服用しても効果が現れるという即効性に優れていることから、世界中で愛用されています。
勃起力の違いについては個人差が大きく、他のED治療薬が効くという人もいれば、レビトラがよく効くという人もいるので、一概にこれが効くとは言えないものとなっています。

関連記事
人気記事一覧